ザイザルというアレルギー症状を抑える薬についてのあれやこれやをまとめるサイトです。とは言うものの個人的にザイザルについて気になったことを忘れないようにしておこうという、備忘録のような感じでまとめています。

ザイザルまとめ

ザイザルは、アレルギー性の疾患に対して服用します

ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩という薬剤で、アレルギー性の疾患を治療するために使用する薬剤です。
効能としては、アレルギー性鼻炎や、蕁麻疹まt、湿疹や皮膚搔痒症などのアレルギー性疾患に使用されます。
薬剤の剤形としては、錠剤と、シロップ剤があります。
錠剤については、5mgの製剤があり、成人では、1回1錠を1日1回、就寝前に服用するようになっています。年齢や症状によってその量は、増減されますが、通常、1日10mgまで、とされています。
小児にも使用することができますが、7歳以上に対して使用可能となっており、1回2.5mgを1日2回、朝食後と寝る前に使用することになっています。
シロップ剤は、主に小児に対して使用します。使用する場合は、体重や年齢に合わせた量を服用します。
成人でも、服用することは可能ですが、液剤になるため、成人の場合は、服用する量が多くなってしまい、その点は、注意が必要です。
また、腎機能障害のある方に対して使用する場合は、用量の調節が必要で、クレアチニンクリアランスと呼ばれる、腎機能を示す指標によって、その量を調節する必要があります。さらに、クレアチニンクリアランスが10mL/min未満、透析の方に対しては、投与することはできません。もしそのような方に投与してしまうと、副作用の危険性が高く、注意が必要です。
その他、使用するのに注意が必要なには、肝機能障害のある方、高齢の方などがあげられます。
薬剤の副作用には、眠気や倦怠感などを生じることが多いとされています。ザイザルは、抗ヒスタミン作用があるため、中枢神経系の副作用の頻度が高くなりますので、服用の際は、注意が必要です。